プロ家庭教師がサピックス生を徹底フォロー|東大医進会

サピックスの算数を4年生で克服するメリットとは?

サピックスでの中学受験に向けた勉強を軌道に乗せるために最も効果的な方法は、早い段階でマンスリーテストや組み分けテストで高得点を取る事です。高得点を取る事の効果はクラスが上がるという事ももちろんですが、それ以上に”高得点を取る→ご両親に褒めてもらう→勉強が楽しいと思う”という循環を作り出す事にあります。

4年生で算数を克服しておくメリット

サピックスでは5年生の2月で中学受験に必要な単元を一通り終えます。これは他の中学受験専門塾に比べるとかなり早いスピードです。そして、このスピードでの授業を可能にするのが膨大な量のプリントやデイリーサポートによる家庭学習です。サピックスで中学受験を成功させるためには、この家庭学習を上手にできるようにしておくことが必須となります。

デイリーサポートや基礎トレを始めとする課題の量が本格的に増えるのは5年生になってからです。5年生になってから苦手な算数を復習しようと思っていると、あまりの課題量に苦手分野を復習する時間が満足に取れない事に気づきます。算数は積み上げ形式の科目ですから、4年生の授業内容で理解が不十分な箇所があると、5年生でその穴はどんどん広がっていきます。

苦手分野の復習をすると宿題をする時間がない。宿題をすると苦手分野の勉強をする時間がない。多くのミドルクラスの生徒は4年生時の苦手をすぐに解決しなかったため、算数で八方塞がりとなっています。そうした状況にならないためにも、時間的にゆとりのある4年生のうちに苦手を克服してしまう事がサピックスでの授業をより実のあるものとする方法と言えるでしょう。

算数は中学受験において配点の高い重要な科目です。算数を早い段階で軌道に乗せることで志望校の可能性を広げることが出来るのは間違いありません。しかし、4年生で算数に穴が出来てしまうと、これから先の算数は授業が進むにつれて吸収率が落ちていきます。そして、いつのまにか明らかな苦手教科となります。算数がいつのまにか苦手になり、志望校を下げざるを得なくなった生徒達のほとんどは、4年生の時にできたほんの小さな穴を放置したことが原因です。「少し苦手にしている部分があるな」と感じたのであれば、時間にゆとりのある4年生のうちに手を打つ。これが鉄則です。

Return Top
24時間売買できるFX