プロ家庭教師がサピックス生を徹底フォロー|東大医進会

サピックス6年生、過去問への取り組み方

過去問への取り組みについては各塾で様々な方針がありますが、サピックスでは夏休みの有名中を皮切りに過去問を解き始めるように指示が出るのが例年のパターンです。ただし、過去問への取り組み方は校舎ごとに個性があり、サピックス全体で統一されているというわけではないようです。ここでは夏休みの有名中から始まるサピックスの過去問への取り組みについて見てみたいと思います。

有名中の開始

サピックスでは夏休み前に有名中の購入を勧められます。そして、この有名中のボリューム(内容もさることながら文字通りのボリュームです)に圧倒されるご家庭も多いでしょう。指導にお伺いしているとKinko’sで裁断作業を行い使いやすくしているご家庭もチラホラ。内容についてはみなさんご存じのとおりですから触れませんが、この有名中への取り組みを皮切りに過去問を解き始める事になります。

さて、有名中ですが全校舎統一で解く順番が指定されるわけではありません。それどころか提出必須の校舎から、提出任意の校舎までまちまちです(志望校の問題は解かないようにというのは共通と思われますが)。提出必須の校舎にあたってしまった場合は、夏休みの負担が確実に増すため、上手に時間を見つけて取り組んでいかないと夏休みの日々の課題すらままならなくなるため、注意が必要です。このあたりで校舎ごとに公平不公平が出てくると思いますが、各教室長の采配のふるいどころということになるのかもしれません。ただし、生徒側の目標はあくまでも宿題をこなす事ではなく、合格することです。ですから、必要に応じて上手にサボることも大事になります。

9月SS開始後の過去問

やっとのことで激闘の夏期講習や夏期志が終わったのもつかの間、9月の日曜日からはSSが始まります。このSS、ただでさえ朝早く大変だと思うのですが、校舎によっては通常より1時間早く来ることを求められるケースもあるようです。生徒の体調管理や睡眠時間の確保にますます気を遣わねばならず、ママの気苦労はさらに増えていきます。

9月のSS以降はサピックスから志望校の過去問に取り組むように正式に指示が出ると思います。しかし、有名中同様、過去問を解くタイミングややり方も各校舎によって違いがあります。私が授業を行っているご家庭でも、第一志望校の問題を最新年度から解いていくように指示をされているご家庭もあれば、第三志望あたりの学校を古い年度から解いていくよう指示をされているご家庭もあるという状況。あくまでも私見ではありますが、最新年度の過去問をこの時期に使ってしまうと、12月1月の最後の力試しで実際に取り組む過去問の内容や解答を覚えてしまった状態で挑むことになるのでは・・・と思いますが。果たしてどうでしょう。

過去問について、まとめ

いずれにしろ、志望校の問題傾向が自分に向いているかどうか、時間配分の練習、捨て問と確実に取るべき問題の体感訓練など役に立つ内容が盛りだくさんなので、手を抜かず一生懸命取り組んで欲しいと思います。過去問は各年度2回として5年分、10回程度が過去問集の基本掲載数になっていると思います。10回あるとも考える事も出来ますが、志望校の問題を初見で力試し出来る機会が10回しかないとも言えます。1回1回をしっかり自分の実にしてほしいと願います。

2018合格体験記

サピックスαクラス以外からの中学受験合格体験記~30年度

このページでは、30年度中学受験において、みごとα以外のクラスから合格を勝ち取った生徒のうち、大きな偏差値の壁を打ち破った生徒の合格体験記を掲載いたします。

共感いただける部分もあると思いますので、ぜひご参考にしていただければ幸いです。 続きを読む

サピックスで伸び悩む生徒が家庭教師を検討すべきタイミング

今回の医進会サピックスブログを担当します講師のMです。よろしくお願いします。今回は成績が伸び悩んでしまっている場合、どんなタイミングで家庭教師を検討すれば良いのかについて触れてみたいと思います。

4年生と5年生以降では家庭教師を検討すべきタイミングが異なります

多くの中学受験生が4年生から塾に通い始めます。サピックスでもそれは例外ではありません。しかし、サピックスに通っていても順調に合格へ一直線に突き進む生徒もいれば、でこぼこ道に足を取られ、なかなか先へ進めない生徒、ゴールがまったく見えないでどこに進めばいいかさえわからない生徒もいます。

さて、成績の伸び悩んでしまっている生徒の場合でも4年生と5年生では家庭教師を検討すべきタイミングが異なります。家庭教師を検討すべきタイミングは4年生の場合はサピックス入塾後半年程度経った後に受けるマンスリーもしくは組み分けテストの結果が出たタイミング。5年生の場合は春休み、夏休み、冬休み明けのマンスリーもしくは組み分けの結果を見てからということになります。 続きを読む

サピックスで偏差値30台~40台のお子様にこそ勧めたい勉強法

今回の東大医進会ブログを担当します家庭教師のKです。
サピックスで偏差値30~40台の低空飛行を続けているお子様。
勉強しても成果に結びつかないためモチベーションが低下していませんか?
また、保護者様も自分の子供の能力を信じきれなくなっていませんか?

そんなお子様にこそ勧めたい勉強法があります。
といいますか、私は実際そうした指導を行っています。 続きを読む

サピックスでの時間を有意義に使うには?

今回のテーマは、サピックスでの時間を有意義に使うには?です。
中学受験生が1週間でサピックスに通う事になるのは週3~4日。それだけ多くの時間をサピックスで過ごすわけですが、時間を有意義に使えているお子様はそう多くありません。

積み上げ式と授業進度の早さがサピックスの特徴

サピックスの特徴は何と言っても授業進度の速さと同じ個所を何度も何度も復習する積み上げ式の勉強方法にあります。日々のテキストの中でも同じタイプの問題が「これでもか!」と出題されています(どこまで手をつけるかは各校舎、各講師の裁量に任されている部分が大きいですが)。

授業の中で解かなかった時間は個々の課題として与えられるわけですが、これが大きな負担になります。

例えば5ページ分の問題を何らかの理由で出来なかった場合(理由は風邪かもしれませんし、サボりかもしれませんが)、どこかでその課題にしっかりと取り組む時間を取らなければなりません。しかし、サピックスの日々の課題をこなしつつ、その出来なかった課題に取り組む時間を確保するのはとても難しいものです。 続きを読む

合格体験記

サピックスαクラス以外からの中学受験合格体験記

このページでは見事志望校への合格を果たしたお子様の中から、高い能力を持ちながらきっかけをつかめず伸び悩んでいたお子様、受験直前、短期間での指導できっかけをつかんだお子様の合格体験記を紹介します。
いずれもαクラス以外からの合格となります。

30年度合格体験記はこちら→最新合格体験記掲載いたしました!

共感いただける部分もあると思いますので、ぜひご参考にしていただければ幸いです。 続きを読む

サピックスで偏差値が上がらない理由

サピックスで偏差値が上がらない理由が今回のテーマです。
小学校5年生、6年生のお子様で勉強が大好きなお子様は一握りの例外を除いて存在しません。私が家庭教師として指導にあたっているサピックス生も勉強中より、休み時間の雑談の方が目を輝かせています。当たり前のことではありますが中学受験生は遊んでいたい時間を削って勉強に取り組んでいます。そうした状況からか特に国語と算数で長い文章や少し考えてわからないと思った問題からは逃げて 続きを読む

サピックスの宿題で時間が足りない。重さは卒業までで数kg!

サピックスの宿題が今回のテーマです。
サピックスの宿題はいわゆる授業内容の解きなおし=復習です。しかし、解きなおしとは言ってもそこはサピックス。授業の進度が早いためプリントやテキストは卒業までに数Kgにもなる量です。さらに、サピックスの教材は解説が親切ではないため、復習をしようにもなぜその答えになるのかわからないこともしばしばあります。これでは復習も捗りませんし、 続きを読む

サピックスのカリキュラムが負担となるケース

サピックスのカリキュラムが負担となるケースが今回のテーマです。

合格実績を支えるサピックスのカリキュラム

サピックスのカリキュラムは日能研や四谷大塚などの中学受験専門塾と比べても非常に進みの早いものとなっています。算数を例にとっても5年生の段階で一通りの学習を終了し、6年生からはサピックス特有のスパイラル式で応用問題を繰り返していきます。6年生の夏休みには過去問が宿題となるほどです。この授業スピードの速さと応用問題をスパイラル式に繰り返し定着を図るカリキュラムこそがサピックスの合格実績を支えているといっても過言ではありません。 続きを読む

Return Top
24時間売買できるFX